フランス・パリのオリジナルステイ パリ生活を楽しもう!

トップ > ヨーロッパトップ > フランス・パリのオリジナルステイ パリ生活を楽しもう!

旅エッセンスが厳選するパリのお泊りコース&郊外の旅

パリにあるデザイナーズホテル。
場所も便利でホテル周辺には、パン屋さんやアジアンレストランにチョコレートショップなどが揃う便利なホテルです。または・・・
パリの家庭料理を味わってみたい!という方には、シャンブルドットでの滞在。パリに住んでいる気分!

パリらしい、素敵な内装のデザイナーズホテル!!

フランス・パリのオリジナルステイ パリ生活を楽しもう!

ベッドの上にあるライトやライト下にあるコンセントや電気スイッチ・・・どれも1つ1つがとってもオシャレ

お部屋もいろんなタイプがありますが、ほとんどのお部屋はシャワーオンリー。
小さなデスクではパソコンで仕事ができたり?! WIFIは無料なのでありがたい!
お部屋はさまざまですので、バスルームを境にベッドルームとソファとテレビがあるお部屋と別れている部屋タイプもあって、とってもユニーク。

フランス・パリのオリジナルステイ パリ生活を楽しもう!

朝食は別料金(2012年5月現在13ユーロ)ですが、ミニバイキングを楽しんでみてはいかがでしょうか。
又は、ホテルの前にベーカリーショップがあるので、パンとカフェのシンプルな朝食もヨシ!ですよ!

フランス・パリのオリジナルステイ パリ生活を楽しもう!

ホテルから徒歩1分程の場所にあるチョコレートショップでは、マロングラッセや量り売りショコラなど、どれも欲しくなるチョコが勢ぞろい。
マロングラッセはお土産にいかがでしょうか。
最寄メトロ駅は、CADET(徒歩約7分)

こちらのデザイナーズホテルのご予約は、以下BOOKING.COMでご予約&直接お支払い下さい。
ホテル名は、Gat Folies

イタリアのホテルを検索

チェックイン日

チェックアウト日



シャンブルドットで家庭料理を味わってみる!パリジャン気分な滞在

フランスのシャンブルドット=英語でいうB&B。
シャンブルドットのお宅の中でも夕食を提供してくれるお宅があります。
そんな数少ないお宅に滞在しながら、朝・夕食は家庭でいただく・・・・まるでパリに住んでる気分!
昼間は自由にパリの観光を楽しむことができので、女性ひとり旅には特におすすめです。
勿論、カップルや友人同士の二人旅にもおすすめです。

フランス・パリのオリジナルステイ パリ生活を楽しもう!

パリ・19区のバスティーユに近いシャンブルドットに滞在プラン!
こちらではムッシュから料理を学んでみませんか?!

フランス・パリのオリジナルステイ パリ生活を楽しもう!

こちらのムッシュは元テレビマン、マダムはディジョンご出身。
ムッシュはすでにリタイヤして今は趣味のお料理なんかしながら毎日を過ごしているらしく、家庭料理を教えてくれるのはムッシュです。

さぁ マルシェへムッシュと食材の買出しです。

出来た料理はシャンブルドットのオーナーご夫婦と一緒に夕食です。
ミッシュラン星付きシェフたちもそうですが、やっぱり料理の世界は男性なんでしょうかね。。。。。家庭料理の場所にまでもムッシュ登場です。

フランス・パリのオリジナルステイ パリ生活を楽しもう!

今回のメニューは・・・・
ズッキーニーと山羊のチーズクリームポタージュ
ブフブルギニヨン(牛肉の赤ワイン煮)
チーズの盛り合わせ
デザートはフルーツジャム入り焼きりんご
夏のメニューはこちらから>>>

フランス・パリのオリジナルステイ パリ生活を楽しもう!

マダムはパティスリーがお得意とかで、これまたリクエストに応じてお菓子教室も可能ですが、マダムはまだ現役で大学で英語を教えているのでリクエストベースとなります。 ディジョンに居た頃はブルゴーニュ大学の外国人向けフランス語講座、CIEFで教鞭を取っていたらしいので、短期語学ホームステイもここでは可能です。

サロンには素敵な絵がいっぱい飾っているので、ここもまた他の一部のシャンブル・ドットのオーナーのように「絵描き?」と思ってしまいました。いやいや、これは趣味で集めてらっしゃるとか。お知りあいに画家がおおいとかで、それで貰ったりしたものもあると言う。どれも素敵な絵ばかりです。 簡単にこれは「おもしろい絵」これは「素敵な絵」と馴染みやすい絵に囲まれたサロンです。 サロンの側はパリには珍しいアメリカンスタイルのオープンキッチン。 それだけ会話を楽しみながらの料理が好きなムッシュの様子が目に浮かぶようです。

お部屋そのものはシンプルで使い勝手がよさそうです。マンションの10階にあるから景色は素敵で、夜景は綺麗です。
必見は四角い便座のトイレ!これはすごい。こんなの見たことありません。

このご夫妻のご子息は結婚してアメリカに住んでいるのでご夫妻はカリフォルニアとパリを頻繁に行き来していおり、フレンドリーなところはカリフォルニアの燦々とした太陽を感じさせます。このオープンさはキッチンのみならずご夫妻のもてなしぶりにもあります。
マダムが自慢げに「屋上からの眺めがとっても良いのよ!」と施設のある26階へ。そこにあったのは素晴らしい眺めだけでなく、屋内プール、サウナ、フィットネスコーナーでした。ホテルですか、ここは全く!もちろんトデア夫妻のお宅に宿泊した方はここを利用できるそうです。
4つ星ホテル並みの施設みたいで、これだからシャンブル・ドットは魅力に尽きないんですね。

フランス・パリのオリジナルステイ パリ生活を楽しもう!

メトロ5番線 Laumiereで降りて、賑やかな商店街を抜けてわずか10分程度のところ。
側には大きなスーパーもあるのでかなり庶民的。隣駅のLouis Blancルイ・ブランで乗り換えて7番線を利用すれば、Operaオペラ座だからGallerie LaFayetteギャルリー・ラファエットやPrintempsプランタンまでここから歩いて行けます。Pyramidピラミッドで降りれば和食のお店が連なるRue Sainte Anneサンタンヌ通りや日本語ネットカフェ「うらばす」も近くにあります。

Neufポンヌフは映画「ポンヌフの恋人達」の舞台だし、Pont Marieポンマリーへ出ればすぐにIl de Saint Louisサンルイ島があります。ここはパリで一番古い場所とのこと。

フランス・パリのオリジナルステイ パリ生活を楽しもう!

このご夫妻の住んでいるジャン・ジョレス通りはブルジョワ的なお宅が多いようで、トデア夫妻のお宅は全くモダンな近代建築ですが、駅をはさんで反対方向へ歩いてみたら古めかしいでも素敵なお宅がいっぱい。
特に1905年に建築したHenri Petitアンリ・プティという建築家の家が幾つか続いていて、エレガントなドアとその建物にうっとりすることでしょう・・・・

パリ・シャンブルドット 2泊3日<期間:2016年11月01日~2017年03月31日>

1日目 ご自身にてパリ19区の住宅街にあるシャンブルドットへ。(夕刻チェックイン)
(行き方は事前にご案内いたします)
* 夕食はシャンブルドットにて
2日目 朝食
終日: フリー
* 夕食はシャンブルドットにて
3日目 朝食
チェックアウト

パリ19区 シャンブルドット <2泊3日> * 最低2泊からの宿泊となります

  • 朝食X2回・夕食2回
  • 2名様の場合: おひとり様 ¥33,000
  • 1名様の場合: ¥48,000
  • * 予約と同時に30%の申込金が必要です。(キャンセルの場合は返金不可となりますのでご注意下さい)

パリのホテルに荷物を預け1~2泊の郊外の旅もイチオシ! 例えば・・・・

フランス・パリのオリジナルステイ パリ生活を楽しもう!

ブルゴーニュにあるワイナリーホテルに滞在しながら生産者のメドックでのテイスティングとワインにマッチした食事を堪能する、ワイン好きにはたまらない滞在になることでしょう。
** 別サイトをご覧下さい**


TGV列車でアルザス(ストラスブルク)へ1泊2日の旅

フランス・パリのオリジナルステイ パリ生活を楽しもう!

フランス・パリのオリジナルステイ パリ生活を楽しもう!

ストラスブールは木組みの建物で有名な可愛らしい町。
ドイツとの国境に近いためドイツ料理に近いフランス料理。そして運河の町でもあるので、1時間強の運河クルーズも観光客には人気です。
ここでの名物は、モンブランのお菓子とクグロフにフォアグラ。是非ご賞味あれ~

アルザスは白ワインで有名です。アルザスワイン街道では小さな村が沢山あり、なかでもフランスの美しい村100選の1つリクヴィルはとっても可愛らしい村です。予算があれば、専用車をチャーターして村巡りがオススメです。

アルザス・ストラスブール1泊2日 クリスマスマーケットの季節です!

1日目 パリ東駅よりTGVにてストラスブールへ
ストラスブール駅到着後、徒歩にてホテルへ。
自由にストラスブールの町を散策・・・
2日目 出発までフリー
TGVにてパリ東駅へ。(ご希望のお時間を確認して予約致します)

*ストラスブールは徒歩で観光が可能です。
*ワイン街道へのチャーター車をご希望の方はお問い合わせ下さい。

含まれるもの

  • ホテル:  駅前ル・グランホテル 1泊2日朝食付
  •   
  • パリ/ストラスブール/パリ 往復TGV2等クラスのチケット

<料金> 期間: 2016年11月1日~2017年03月31日

  • 2名様の場合: 44,000円(おひとり様)
  • 1名様の場合: 56,000円
  • * ストラスブール/ディジョン間にTGVが開通致しました。
    パリ~アルザス~ブルゴーニュ~パリの田舎とワイン巡りの旅もイチオシです!

お問い合わせ

このページのトップへ