スケッチしたくなる印象派アートの旅 <港町オンフルールを旅するフランス>

トップ > ヨーロッパトップ > 港町オンフルールを旅するフランス スケッチしたくなる印象派アートの旅

港町オンフルールを旅するフランス

ドーヴィルはノルマンディ地方にある港町。
対岸にはイギリスがすぐそこにあるフランスのリゾートでもあり、ヨットハーバーやカジノの他、ブランドショップがある高級リゾート。そしてノルマンディの豊富な魚介を使ったシーフードレストランが賑わい、フランス人をはじめ欧米からのバカンスで人気の街となっています。

ノルマンディ地方の港町・・・ドーヴィル

スケッチしたくなる印象派アートの旅 <港町オンフルールを旅するフランス>

ドーヴィルは映画や小説の舞台となった、映画『男と女』、アガサ・クリスティーの作品、スコット・フィッツジェラルドの『華麗なるギャツビー』にも登場する街でもあり知る人ぞ知る!フランスの注目される街ドーヴィル。

ドーヴィルの街を散策してみると、ドイツ地方特有の木軸中世的建築がみうけられます。
柱だけでなくスジカイを強調した独特の建築様式。

スケッチしたくなる印象派アートの旅 <港町オンフルールを旅するフランス>

朝、ヨットハーバーや街を散策してみてはいかがでしょうか。 地元の人たちで賑わうマルシェがありフランス野菜や日本にもある野菜でもジャンボサイズのものや珍しいフルーツなど思わず買ってしまいたくなるものばかり。

スケッチしたくなる印象派アートの旅 <港町オンフルールを旅するフランス>

港町なだけにやはりシーフード料理を味わってみてはいかがでしょうか。

港町オンフルール

木組みの建物と港のヨットが絵になるポストカードのような風景の街オンフルール。
19世紀には印象派画家たちがスケッチに訪れた町としても有名で、日本からもスケッチにわざわざやってくる観光客も少なくありません。
オンフルールの港町を歩いてみるとシーフードレストランやカフェ、雑貨屋さんやお土産屋さんがコンパクトに連なり、美術館や教会、遊覧クルーズなどの観光レジャーも充実した楽しい町です。
また、街の風景が可愛らしく特に女性好みの街。

スケッチしたくなる印象派アートの旅 <港町オンフルールを旅するフランス>

スケッチしたくなる印象派アートの旅 <港町オンフルールを旅するフランス>

 

オンフルール&サント・カトリーヌ教会散策
造船をモデルに作られた珍しい木造教会。教会内部の天井は、船の底面のようなつくりをしておりオンフルールらしい教会です。 また教会入口の対面には鐘楼堂があります。 雑貨店などが並ぶ旧市街には画家たちが訪れていた街なだけにアートギャラリーが数軒点在しています。

スケッチしたくなる印象派アートの旅 <港町オンフルールを旅するフランス>

オンフルールの港で水揚げされた新鮮な魚は港にあるシーフードマーケットでは多くのフランス庶民の人たちが買い物にやってきます。

スケッチしたくなる印象派アートの旅 <港町オンフルールを旅するフランス>

オンフルールのお土産店。
オンフルールはウォッシュチーズの宝庫。カマンベールやポン・レヴェックなどのチーズが有名。

ノルマンディー地方は牛乳やリンゴの名産地。 チーズやバターなどの乳製品も有名です。オンフルールは著名なレストランが多く、特産品のチーズやリンゴ、オンフルールで水揚げされた海鮮類を使った料理が味わえるグルメな町でもあります。

リンゴから作られるシードル(リンゴ酒)の種類も豊富でオンフルールの街の中心部には可愛らしい酒屋さんが多くありますので、味わってみてはいかがでしょうか。

印象派画家モネの家 ジベルニー散策

スケッチしたくなる印象派アートの旅 <港町オンフルールを旅するフランス>

スケッチしたくなる印象派アートの旅 <港町オンフルールを旅するフランス>

ジヴェルニーはモネが1883年から1926年まで住んだ家がある村です。
ジヴェルニーの小さな村。美しい田舎の情景を眺めながらのんびり過ごすのはいかがでしょうか。

印象派絵画の巨匠クロード・モネが晩年を過ごした家が今もそのままあり、4月~10月末の間だけ一般公開されています。残念ながらモネの家のなかでは写真撮影は禁止です。

広大な敷地内には季節折々の美しい花々…手入れの行き届いた素晴らしい庭園…日本びいきのモネが作った日本風庭園…その池に浮かぶ睡蓮…あの名作「睡蓮」のモデルとなった実際の風景をご覧いただくことができます。


モネが暮らしたアトリエ兼住まい

スケッチしたくなる印象派アートの旅 <港町オンフルールを旅するフランス>

スケッチしたくなる印象派アートの旅 <港町オンフルールを旅するフランス>

スケッチしたくなる印象派アートの旅 <港町オンフルールを旅するフランス>

ここジベルニーはノルマンディ地方の入り口に位置します。
ノルマンディ地方はリンゴが有名。リンゴのお酒シードルやリンゴを使ったデザートタルトタタンは味わってみてはいかがでしょうか。ジベルニーのレストランではモネが残したレシピを使ったメニューがあります。
ランチはこちらのレストランでノルマンディ地方の料理をご賞味下さい。

画家たちの村バルビゾン

スケッチしたくなる印象派アートの旅 <港町オンフルールを旅するフランス>

1830年代にミレ―やルソーといった画家たちが愛した村として知られています。 村の中心には画家たちのゆかりの建物が残り、バルビゾンの村をゆっくり散策していると画家たちがバルビゾンを愛した理由がわかる・・・・そんな落ち着きのある村。 ミレーの描いた「晩鐘」の舞台。 農民の自然な姿を描き続けた画家ミレーのアトリエ。 パリでのコレラの流行を避けて1849年にバルビゾンへ移ったミレーは、死ぬまでここで生活していました。そのミレーのアトリエには当時の写真やデッサン、自画像、パレットなどが展示されています。

スケッチしたくなる印象派アートの旅 <港町オンフルールを旅するフランス>

パリは自分時間で美術館巡り

スケッチしたくなる印象派アートの旅 <港町オンフルールを旅するフランス>

パリの美術館はセーヌ河沿いにオルセー美術館・ルーブル美術館 そしてノートルダム大聖堂・エッフェル塔などパリを代表する観光地があります。 バトークルーズを利用しながら自分時間で楽しんでみてはいかがでしょうか。 印象派画家モネの絵は、オランジェリー美術館でご覧いただくことができます。

ドーヴィル&オンフルール&画家たちの村を浸ってみるアートの旅6日間

1日目 パリ・シャルル・ド・ゴール空港ご到着
専用車にてホテルへ送迎 (ドライバーのみ)                <パリ 泊>
2日目 日本語アシストと専用車にて駅へ
列車にてドーヴィルへ。(約2時間)
(一旦、タクシーにてホテルへお荷物を預けます)
ドーヴィルよりバスにてノルマンディ・ヨットの街オンフルールへ(約45分)
オンフルールの街歩きをご案内
夕刻、バスにてノルマンディの港町ド―ヴィルへ。
ドーヴィル到着後、解散。(日本語アシストは駅にて解散)
お客様ご自身にてホテルへ。                         <パリ 泊>
3日目 出発までフリー
ド―ヴィルの街をゆっくり散策下さい。
ご自身にてドーヴィル駅へ(タクシーにて約7分)
列車にてパリへ。
パリ到着後、ご自身にてホテルへ                    <ドーヴィル 泊>
4日目 専用車にて日本語アシストと選択いただくアートな旅・・・半日観光(4時間30分コース)
①画家の村バルビゾン又は ②印象派画家モネの家 
(ランチ・入場料は含まれています)
小さな村を散策。 
ランチ後、パリへ
パリホテル到着後、フリー                           <パリ 泊>
5日目 終日: フリー                                   <パリ 泊>
6日目 専用車にてパリ・ドゴール空港へ送迎(ドライバーのみ)

料金 適用期間 2017年03月01日~2017年10月31日 <5泊6日>  ※2名様1室ご利用

  03月01日~10月31日
2名様の場合  おひとり様 187,000円
4名様の場合 おひとり様 149,000円

料金に含まれるもの

  • ホテル:パリ クイーンマリー又はサンクトペテルブルグ 3つ星クラスホテル×4泊
                ドーヴィル: メルキュールドーヴィル等 4つ星クラスホテル×1泊
  • 朝食×5回 & ランチx1回(ドリンクは各自お支払い下さい)
  • 列車チケット:パリ/ドーヴィル 往復
  • 日本語アシスト:2日目 パリホテルよりオンフルール~ドーヴィル駅にて解散 & 4日目4時間30分観光時

その他・注意事項など

  • 2日目の観光は列車・バスの時刻次第で観光の順番が入れ替わる場合があります。
    ドゥービル/オンフルールのバスチケットは現地購入となります。
  • 航空券や列車・専用車・日本語ガイドなどその他追加の手配も承っております。お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ

このページのトップへ